スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

J( '-`)し「ゆうちゃん、カーチャンもう堪忍袋の緒が切れた。もう家からでてけやコラ」

1 名無しさん@涙目です。(東京都) 2011/09/23(金) 15:38:42.56 ID:AonuFEQr0

自立しない41歳の息子に『立ち退き』を要請した両親。家の鍵も全て取り替えへ。

ヴェネツィアに住む高齢の両親が、41歳になってもなお自分たちの元から離れようとしない
息子を自立させるため、法に基づいた『立ち退き要請』を作成したことが話題となっている。
一見、自立を嫌がる息子を追い出そうとしているように見える両親のこの行動の裏には、ど
うやら複雑な状況が隠されているようだ。

この息子は既に41歳、しかもニートではなくちゃんとした職に就いており、自立するのに全
く差し支えない額の給料を稼いでいるのだが、何もせずとも食事やアイロンがかけられたシ
ャツが出てくる環境がよほど気に入っているのか、今まで両親の元を離れようとする気配を
全く見せなかったという。

しかし最近になって、息子の世話をしてきた母親が病気になり、定期的に病院に通わなくて
はならない状況となってしまった。さらにこの息子は親元では何もしないばかりか、両親に
対し日頃から攻撃的な態度で接しており、暴力を振るうことも幾度となくあったそうだ。息
子の面倒をこれ以上見ることが出来ないと判断した両親は、弁護士の監修の元、息子に対す
るいわゆる『立ち退き要請』を法に基づき作成することとなった。

以下略
neet.png


http://japan.techinsight.jp/2011/09/
italy_family_1109212340.html



スポンサーサイト
[ 2011/09/23 18:04 ] ニュー速 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。